調布リトル・リトルシニア
メジャー マイナー ティーボール シニア 世界大会
出場記念
OB会 後援会 グラウンド
案内
歴史 トピックス

大会結果は順次掲載していきます

2017年11月3日 - 2017年11月4日
大会の詳細はこちらをご覧ください
秋季ティーボール大会
2017年11月3日 - 2017年11月4日


11月3日(金)、4日(土)の2日間に渡って開催された、秋季ティーボール大会に出場しました。新チーム結成後、初の公式戦!昨年、一昨年の先輩に続き大会3連覇を目指して臨みました。



11月3日(金)予選リーグ (快晴 調布グランド)
10月に予定されていた予選リーグでしたが、雨により順延に次ぐ順延。選手たちにとっては待ちに待った大会となりました。2日間に渡って開催される日程が1日に短縮され、1チーム4試合を戦いましたが、選手たちは最後まで集中を切らすことなく戦い切りました。




「予選リーグ 第1試合」vs城北連合
朝から十分なアップをして臨んだ初戦、相手は城北連合でした。初回から大量得点し、流れを掴んで勝利することができました。

チーム名 1 2 3 4
調布 7 4 3 6 20
城北連合 1 0 0 1 2




「予選リーグ 第2試合」vs小平リーグ
第2戦の相手は小平リーグ。1試合目の勢いをそのままに、初回からコンスタントに得点を重ね、途中、失点もありましたが勝利することができました。

チーム名 1 2 3 4 5 6
小平 0 0 3 0 0 2 5
調布 4 2 0 1 4 X 11




「予選リーグ 第3試合」vs多摩連合
第3試合は、2回と5回に打者一巡し5得点づつ奪い、守備も4回に1点献上したものの、ランナーを出しても落ち着いてアウトをとり、勝利することができました。

チーム名 1 2 3 4 5
調布 2 5 0 1 5 13
多摩連合 0 0 0 1 0 1




「予選リーグ 第4試合」vs東練馬リーグ
予選最終試合は東練馬リーグでした。相手チームの好守に阻まれなかなか得点できない中、先頭バッターが出塁した3、5、6回は後続がつないで得点し、守備も集中していて完封で勝利することができました。

チーム名 1 2 3 4 5 6
東練馬 0 0 0 0 0 0 0
調布 0 0 1 0 1 2 4



予選リーグは全勝で中央ブロック1位通過し、翌日の決勝トーナメントへ進出することができました。




11月4日(土)決勝トーナメント(快晴 神宮外苑軟式野球場 ケヤキ・大銀杏)
前日の予選リーグに続き、決勝トーナメントも気持ちのいい秋晴れの中での開催となりました。初めての神宮外苑軟式野球場での大会で、選手たちも朝から気合十分で臨みました。



「決勝トーナメント 第1試合(準々決勝)」vs墨田リーグ
初戦はこれまで対戦したことのない墨田リーグ。最初は少し緊張も見られましたが初回から得点を重ね、4回完封で勝利することができました。

チーム名 1 2 3 4
調布 3 3 0 6 12
墨田 0 0 0 0 0




「決勝トーナメント 第2試合(準決勝)」vs稲城リーグ
墨田リーグに勝利し、すぐに準決勝が始まりました。うまく切り替えができなかったのか、ミスから先制点を許し、苦しい展開となりました。けれど選手たちは諦めず、3回に同点に追い付いた後は落ち着きを取り戻し勝利することができました。

チーム名 1 2 3 4 5
稲城 3 0 0 0 1 4
調布 0 0 3 5 X 8




「決勝トーナメント 第3試合(決勝)」vs東京北砂リーグ
いよいよ決勝、対戦相手は東京北砂リーグ。新チームになってから何度も練習試合をし、切磋琢磨してきたチームです。初回に先制したものの、両チームとも守備のミスがあまりなく、なかなか得点できない緊張感のある試合でした。中盤、大事なところで追加点を取り、勝利することができました。

チーム名 1 2 3 4 5 6
東京北砂 0 0 0 0 0 0 0
調布 1 0 0 1 0 X 2




6月から新チームが始動し、夏の暑い日も雨の降る日も監督・コーチの指導の下、一生懸命練習を重ねてきた選手たちにとって、今大会は最高の結果となりました。先輩たちの連覇もあり、プレッシャーも感じつつの優勝は本当に素晴らしかったと思います。 でもここからが本当のスタートです。冬のトレーニングに取り組み、春・夏そしてその先の関東大会に向けてまたチーム一丸となって頑張りましょう!